『千秋丸』で桧扇貝づくし!志摩市志摩町片田

志摩町片田の、新鮮な海の幸料理が食べられる飲食店!
今回は志摩を代表する貝、『桧扇貝』の料理を紹介します!







『千秋丸』という店名は、料理人である御主人のお父様が「千秋丸」という船に乗る漁師さんだったということから付いたそうです。



店内にはイカの甲羅に書かれた単品メニューや



窓際に置かれたサザエやホラ貝に手書きの「お造り出来ます」にも惹かれますが
メニュー表をひとめ見て決定!!

桧扇貝づくし(バタ貝)御膳です!!
()の中にバタ貝っとありますが、地域によってアッパッパ貝と呼ぶ地域もありますね。
私は「旬の!」とか「限定!」 とか「づくし」にとても弱いんです>< 「もう早くづくししちゃいたいっ!」と待ち切れぬ思いでお料理をソワソワ待ちます。 すると! 女将さんの気づかいで「せっかく座布団もあたたまったやろけど、こちらの広いテーブルでいかがですか?」と4人テーブルにお料理を並べて下さいました。



ぉおお! これが桧扇貝のづくし!ですね!

何から食べよう! 本能のまま食べたいまま食べたい順に・・・



桧扇貝のフライから・・・このフライとタルタルソースとの相性が最高で
美味しすぎて、一個食べたら次行くつもりだったのが我慢できず
続けて2個めも食べちゃいました。次は何を食べようかキョロキョロしながら。



次に狙ったのが、桧扇貝のお造りです! ほたてのお造りに似た柔らかさ!
そしてなんといっても貝ひものグニャグニャコリコリとした食感が最高でした。
こちらも続けて2個食べました。1個食べたら続けて2個めが食べたくなり、
2個めを食べたら大満足といった感じです。

次にいかせて頂いたのが



桧扇貝の天ぷらです。レンコンの天ぷらもついているところがニクイです。
フライも造りも天ぷらも全て初体験。

ご飯やみそ汁には目もくれず、ただひたすら次は何を食べるか数々の桧扇貝料理を
見廻して一気にここまできてこれでもう大満足になってしまいました。

満足になっても次に行くのが志摩子です!



桧扇貝のグラタンです! クリーミーで濃厚なグラタン味。
これは熱いうちに食べるべきだったなぁとここで初めて本能で突っ走った自分に反省。

でもでもやっぱり美味しいものは食べたい順番に食べた方がいいです!



そしてラストは焼桧扇貝
右が醤油味、左がミソ味でした。

いろいろな調理方法でひおうぎ貝が10個も食べられるなんて絶対にお得です!!

桧扇貝をご家庭で一度にこれだけの調理方法で食べるなんて
なかなか出来ないですよね。
千秋丸さんだからこそですね!
そして1個では物足りず2個めに満足というお客様の心も読んでますね!
皆様も是非一度 千秋丸さんの桧扇貝づくしを!
※2013年11月現在のデータです。


志摩磯料理 千秋丸
三重県志摩市志摩町片田4826-1
TEL 0599-85-6577
営業時間 11:00~14:00
17:00~21:30
定休日 木曜日(昼のみ営業)

伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000