志摩市大王町波切で汗かき地蔵祭りが開催

今日は志摩市大王町波切で汗かき地蔵祭りが開催されました。





大王町に住む人たちにとって大切なお祭りで、大王町の小学校も午前授業で終わりだったようです。

薬師堂の境内に向かう階段には「汗かき地蔵尊」の赤いのぼり旗が掲げられ、また道路も露天商が軒を連ね、大勢の人で賑わっていました。



















<汗かき地蔵の由来>(境内の案内板より)
鎌倉時代の頃、漁師をしていた惣左衛門の網に同じ大石が3度も掛かってきたので不思議に思い持ち帰り、浜辺に置いておきました。この石に無礼を働く者がいると必ずその者に悪いことが起こるのでした。そしてこの石は後になって尊像の形へと変わっていったという伝説のお地蔵様です。この地蔵尊には不思議な力が宿っています。それは世の中に起こる良い出来事、悪い出来事を汗を流し、その色によって告げるのです。吉事が起こるときには喜んで白い汗をかき、反対に悪いことが起こるときには人々に変わって苦しみ黒い汗を流すのです。江戸時代、志摩の殿様が大病に罹り、この地蔵様を念ずると忽ち全快しました。以来信仰はますます広まり、また村民にも多くの霊験を授けました。今でも吉凶があるたびに汗をかかれます。2月24日の良縁日には町中にて盛大なお祭りが行われています。
薬師堂境内には
・汗かき地蔵堂
・薬師如来堂
・庚申堂
・思案地蔵
・鐘霊堂(境内左奥手にある階段を登る)
・"厄除"の鳥居
・役行者大権現
があります。
所在地:三重県志摩市大王町波切

上記の写真・文=山本智加子

当社運営の地域情報伊勢志摩版でも公開させて頂きました。












伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000