志摩市観光協会、新ポスター配布へ 志摩市公認撤回「碧志摩メグ」

志摩市が昨年十一月に公認を撤回した海女キャラクター「碧志摩(あおしま)メグ」の新作ポスターを、市観光協会が無料配布する。「海女を侮辱している」として騒動となった萌(も)えキャラで、海女関係者は「公的な機関が海女を誤解させるキャラクターを扱うことに怒りを覚える」と反発している。

 碧志摩メグは四日市市のモータースポーツ運営会社が考案し、志摩市は二〇一四年十月に公認した。市のPRポスターやパネルなどに採用されたが、市内の海女らが「女性を蔑視した性的な描写」などと批判して署名運動に発展。市は公認を撤回した。

 ポスターは同社が新たに製作。五月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)会場となる市内の賢島を背景に、磯着姿の碧志摩メグが伊勢エビを手にしているデザインなどA2判の二種類。協会は同社から依頼を受けて二十八日から、近鉄鵜方駅にある観光協会事務所で計二千枚を配る。

 協会の西崎巳喜専務理事は「キャラクターの賛否はあるが、応援する声も多い。市の観光PRにつながると判断した」と説明。署名活動の発起人となった妻と海女漁をしている山本泰稔さん(68)は「海女が反対しているキャラクターでPRするのはいかがなものか」と批判している。











伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000