特集♪ 超お得なアワビ料理プランのある伊勢志摩の宿一覧



2000年以上前から伊勢神宮へ奉納してきた縁起物。思わずうなる味わいと食感は、まさに磯の宝


リアス式海岸で有名な鳥羽・志摩地方を中心とした岩礁域は、あわびのエサとなるコンブ科のアラメやカジメなどの海藻が繁茂する、日本有数の好漁場です。県内では2000年以上も前から海女漁が行われていたとも言われ、古来よりあわびは長寿をもたらす縁起物とされ「熨斗鮑(のしあわび)」が神への供物として用いられてきました。あわびを薄く切って伸ばした「熨斗鮑」は、贈答品に巻く「のし紙」のルーツです。2013年、20年に一度の式年遷宮を迎えた伊勢神宮では、鳥羽市国崎町(くざきちょう)で古来から伝わる製法でつくられた熨斗鮑を、6月と12月に行われる月次祭(つきなみさい)、10月の神嘗祭(かんなめさい)で奉納する風習が続いています。三重県にとってあわびは、文化や歴史と切っても切り離すことのできない大切な食材です。
 新鮮なあわびを炭火で炙れば、たちまち立ち上ってくる磯の香り。ジュッと弾ける音もまた食欲をそそります。コリコリとした肉厚の身を噛みしめれば、たちまちジューシーな旨味と味わいが口いっぱいに。現役の海女さんが語るエピソードに耳を傾けながら、獲れたてのあわびを「海女小屋」でいただくのも一興です。
 また、地元・志摩地方を中心に「子どもを宿した女性があわびを食べると目のきれいな子が生まれる」という言い伝えがあり、今でも意識して食べる女性が多いとか。特にオスとメスのつがい〈黒あわび→オス、メガイあわび(白あわび)→メス〉で食べるとより効果が出るとも言われています。一番美味しいとされ高値で取引されるのが黒あわびで、メガイあわび(白あわび)は煮物や蒸し物に向いています。




知っていますか?熨斗あわび
贈答品の印に使う「のし」や「のし袋」の「のし」には、元来アワビの肉を外側から薄く長くはぎ、乾燥して伸した「熨斗(のし)アワビ」が用いられていました。
元々は慶事の贈答品として贈られていたものが、形式化され贈答品の印とされたそうです。
今では元来の「のし」としての需要はありませんが、全国 で一箇所だけ神宮に奉納する「熨斗アワビ」を作る神宮司庁所管の「御料鰒調整所」が鳥羽市の国崎にあり、地元の人の手により熨斗アワビが作られ続けています。
これは、その昔倭姫(やまとひめ)が国崎に来られた際に「おべん」という海女が差し上げたアワビをとても喜ばれたという倭姫伝説に基づくもので、以来、国崎の海女によって採られたアワビを伊勢神宮に神饌(しんせん)として奉るというしきたりが生じ、二千年ものあいだ国崎からアワビが供進されて今日に続いています。



伝統的な海女漁による漁が基本。海の恵みを大切にするため、稚貝の放流も実施


あわび漁は海女さんによる素潜りが中心で、国立公園でもある伊勢志摩地域から紀州地区まで、広い範囲で水揚げされます。命綱と約13kgのおもりを結んで、一気に海底へ。平均30~40秒の潜水時間で、一匹一匹捕獲します。全国には約2,000人の海女さんが活躍していると言われていますが、その約半数が三重県の海女さんです(2010年・海の博物館調査)。文化的価値も高い伝統的な素潜り漁技術を保存していく必要があるとして。2014年1月には「鳥羽・志摩の海女」が県の無形文化財として指定されました。
 貴重な海の恵みを守るため、三重県では資源管理を徹底しており、禁漁期間を設定したり漁獲サイズを限定したりしています。さらに毎年夏には約20,000匹の稚貝を放流。しかも、牡蠣などの貝殻に付けて、海女さんがわざわざ岩礁へ置きに行くという手の掛けようです。この熱心な取り組みが、あわびのおいしさにつながっていると言えるでしょう。




管理人ピックアップ!! アワビ料理のある宿一覧


料理旅館 新和具荘
てこね寿司発祥の地和具。その恵まれた海の幸を使用し、伊勢海老やふぐ、宿の近く広の浜で海女が捕ったあわびなどを自信をもってお出しする。



御座白浜 料理 旅館 高曽
当館名物の素焼きのほうろくで香ばしく焼き上げた「伊勢海老のほうろく焼き」などお一人様まるまる2~3匹お召し上がりいただけます。

伊勢志摩/伊勢海老あわび料理 御座岬
伊勢海老が最も美味しい時期にいろいろな最も美味しい調理方法でご賞味頂きたく大変お得なプランをご用意させて頂きました。



味の隠れ宿 志摩半島
常連客もベタ誉めの人気活鮮宿!!鮮度・味・量の三拍子揃い!旨い海の幸を堪能するなら絶対に、この宿と地元でも評判の活鮮宿。質、味、ボリュームに自信アリ!

お宿 まるみつ
志摩市志摩町は伊勢海老(冬季のみ)や鮑(夏季のみ)の漁獲量も多く全国的にも有名です。また魚貝類も多く水揚げされており地元和具漁港は毎日活気があります。



相差名物磯舟料理おくのせこ
伊勢エビや車エビはピクピクッと動くほど新鮮!米も自家製で一粒一粒ふっくらツヤツヤ。お腹がいっぱいになったら美肌の広々ジェットバスでゆっくり。




鳥羽 答志島温泉 料理旅館寿々波
お一人様に伊勢海老姿造り1匹付き・鮑踊り焼1個付き、海女桶7種盛りと鮑踊り焼付き春華御膳!! 大人気です。6階にガラス張りの天然温泉展望大浴場でゆっくりお楽しみ下さい。




伊勢志摩 料理旅館 磯崎
天然とらふぐ(あのりふぐ)や伊勢海老、鮑(あわび)料理が食べれる伊勢志摩、安乗岬にある料理旅館。女将をはじめ、数名のスタッフが2級ヘルパー取得済みです。高齢の方、視覚の方もお気軽にお問い合わせ下さい。

伊勢 志摩 /大王・船越 ぢがみや旅館
旬にこだわり獲れたての海の幸料理が自慢です!海の近くの料理自慢の宿。館内は清潔感いっぱいです。夕食は、地元で水揚げされた魚介類をふんだんに使用。貸切風呂は弱アルカリ・ミネラル泉の人工温泉。こちらも好評です。



伊勢志摩 旅館 癒しの宿 檜扇荘
雑木林の細い林道をねけ海辺の宿に出る。すべてが檜の世界。海を見ながらの檜の露天風呂、潮風が心地いい。伊勢海老、鮑、さざえ、志摩の海の豊かさが舌に染み渡ります。海の日出が部屋から見られる。

安乗岬 割烹料理旅館 富久潮
冬場は天然のとらふぐ、あのりふぐの宿として、春夏は地元安乗る漁港で水揚げされる新鮮魚介類のお造り、秋は伊勢海老と一年中四季の魚介が楽しめる地肴にこだわった宿です。



相差 民宿かんえい
目の前で炊き上げる磯ウニ釜飯やドドン!と盛られた豪華な舟盛、四季折々に旨い食材がずらりと並び満腹度も充実度も◎!

魚屋さんの宿 旅館 まるやす
地元の魚問屋直営の宿ならではの新鮮さ&料理内容&お値打ち料金!!何と言っても地元の魚問屋直営の宿ならではの新鮮魚介類が満載の夕食が自慢。






















伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000