伊勢志摩サミットの乾杯酒・食中酒に三重の地酒が選ばれた訳!!とは・・・。

官僚時代の繋がりがあるからこそのしてやったりだったと考えられる


鈴木英敬三重県知事の下準備が冴えわたっていたと言える。
官邸や外務省へ『三重県のものを是非!』と
知事のキャラだと躊躇なくひっきりなしに伝えていたのが功を奏したのだろうと思う。

鈴木英敬の来歴


生年月日 1974年8月15日
出身校 東京大学経済学部
前職 国家公務員(通商産業省・経済産業省)
兵庫県出身。灘中学校・高等学校、東京大学経済学部を卒業。1998年(平成10年)通産省に入省、大臣官房総務課属。
その後、経済産業政策局新規産業室、産業構造課勤務など、経産官僚を約10年間務めた。
2009年(平成21年)8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙に三重2区から自由民主党公認で立候補するが落選した。
2011年(平成23年)4月10日に行われた三重県知事選挙に(自由民主党推薦・みんなの党推薦・公明党三重県本部の支持)で出馬。
37万9472票を獲得し当選した。
就任時点では、大阪府の橋下徹知事を抜いて、36歳の全国最年少現職知事となった。
2014年11月21日、2期目への出馬を表明した。
2015年4月12日、自民党、公明党、新生みえの推薦を受けて再選を果たした。


さらに昭恵米にはサプライズ!!


三重の地酒とは話はズレるが配偶者らの食事での昭恵米にはある意味庶民はしてやられた感があったが
海女さん大好きの昭恵夫人にとってはオバマ嫁さんとミキモト真珠島で記念写真は撮りたかっただろうが
オバマ嫁さんの辞退はマジ痛かった。
まだカナダの嫁さんがおったもんでなんとか形にはなったが・・。
鈴木知事は配偶者プログラムで御婦人たちに伊勢志摩の各所を訪れ全世界に発信をと意気込んでいたが
昭恵さんは目立ったが、やはり首脳配偶者3人では見た目も寂しかったしインパクトがなかった。
これで伊勢志摩が世界にPRできているのだろうか。という疑問が残るサミットでもあった。


何が良かったかというと、なんせ無事が一番ですわ。


何はともあれテロで志摩市がドカーンと狙われることもなく、オスプレイも墜落することなく
無事が一番だ。
あと訳の分からん地震の学者さんがサミット開催時に東南海地震が起こるやら
とんでもないデマが飛び交ったサミットでもあった。






首脳たちが飲まれたとされる三重の地酒



三重の地酒をそれぞれの首脳は堪能された。
今回のサミットでは酒屋さん連合が事前に仕掛けたのも今回うまい事、功を奏している。





清水清三郎商店「作(ざく)智 純米大吟醸 滴取り」「作 穂乃智 純米酒 」

大田酒造「半蔵 純米大吟醸」

元坂酒造「酒屋八兵衛 山廃純米酒 伊勢錦」

宮崎本店宮の雪 純米酒

瀧自慢酒造「瀧自慢 辛口純米 滝水流(はやせ)純米酒」


しばらくはそれぞれの地酒は売り切れ続出するだろう。



三重の地酒のお取り寄せは下記店舗より

酒は造れば出来るが・・・・。


今回のサミットで首脳たちの胸元には真珠のブローチがくっついていた。
市内の真珠屋さんたちの連合が仕掛けたそうだ。
真珠養殖業者も減り、儲け率の高い販売店が多い伊勢志摩で真珠そのももに対する価値がどこまで巻き返してくるかが注目ですね。
この真珠次第で伊勢志摩の進むべき道というか運命がかかっていると思っている筆者です。
次回の記事へ続く・・・。


上記の文=山本泰久









伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000