宮川上流漁協直営の「清流茶屋」2016年、今年はオープン初日の一番乗りでした♪

宮川上流漁協管内のアユ友釣が先月5月14日解禁となり宮川上流では友釣りでのアユ釣り客や地元釣り人で賑わっている。

毎年恒例の鮎料理専門店の宮川上流漁協直営の「清流茶屋」も6月1日にオープンし地元のアユ料理好きの方々や県内外からアユ料理目当てで

賑わいをみせる。(期間限定オープン6月1日~9月30日まで)

我々はこの日の一番乗りをめざし車を大台町滝谷へ走らせた。



午前11時前に宮川上流漁協直営の「清流茶屋」に到着した。一番乗りだけありまだ、お客様もいなかったが



川岸には清流茶屋の予約席が作られており特性のゴンドラが川岸まで料理を運んでいる光景だった。

その様子を地元のケーブルTvも取材されていた。



日本一の清流に何度も輝く宮川はまさしく透明度も透き通っていて新緑に輝く山々とのコントラストが油絵のようだった。



茶屋内にはアユが活かされている水槽もあり観賞魚好きの僕にとっては実際に泳いでいるアユも見れて最高でした。



早速、注文した料理が届く、清流定食1,200円 (鮎の塩焼き・鮎のフライ・野菜の天婦羅・味噌汁・ご飯・漬物)

待ちに待った大好物の塩焼きをガブりっといただく香ばしい香りとともにアユ独特のスイカの香りもほのかにする

これは絶品だ!! あとアユのフライもホコホコしていて絶品だ。



さらに単品で、鮎の刺身(700円)と鮎の甘露煮(600円)を頂く、アユの刺身はコリコリしていてヒラメのお造りに似ていた

アユ独自のやさしいスイカの香はたまりませんね。甘露煮は甘辛い味付けが絶妙でこれもまたクセになりそうです。

宮川の清流のほとりの清流茶屋での最高のひと時でした。


宮川上流漁協直営の「清流茶屋」
住所: 〒519-2525 三重県多気郡 大台町滝谷397-8
電話:0598-77-2110
■営業期間/6月1日~9月末日(定休日:毎月曜日/祭日営業)
■営業時間/AM11:00~PM:3:00(オーダーストップ)



上記の写真=山本智加子











伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000