なでしこ会の"いばらまんじゅう"作り(志摩市阿児町鵜方 神杣多目的集会場)


なでしこ会は手芸や工芸、料理、防災訓練、カラオケ、IT機器操作勉強会などの福利事業に参加して地域に貢献することを目的としています。
昨日はいばらまんじゅう作り。



餡をメリケン粉(小麦粉)で作った皮で包み、さらに6月に採れるいばらの葉で包み蒸したいばらまんじゅうは、昔ながらの伝統的なおやつでお祭りのときは沢山作ったそうです。



「昔は餡屋さんもあって、そこでこうて」お母さんたちのおしゃべりは昔話で花が咲きます。



沸騰させた水・砂糖・塩に網ザルでふるった小麦粉を加え、手早く混ぜてまな板に片栗粉をしき、皮を作ります。皮の伸ばし方、餡の包み方を優しく習い、夢中になって沢山作りました。





いばらの葉で包まれた約80個のいばらまんじゅうを蒸し器で10分蒸し、湯気の上がった出来立てホヤホヤのいばらまんじゅう。



みんなで作ってみんなで食べる手作りのお饅頭は最高に美味しかったです♬
物や食べ物に不自由していた昔の暮らしには、贅沢が出来なかったからこそのいろんな知恵がいっぱい詰まっていて、皆さんのお話をとても興味深く楽しく聞かせて頂きました。

参加されている皆さんも、こうやって活動をする日が待ち遠しく楽しみにしているそうですよ。

なでしこ会は防災勉強会も積極的に行い、今年は非常時の炊き出し訓練もしました。今後は、水難事故に活かされる心肺蘇生法の訓練等も予定しているそうです。

皆で学びあって知恵を伝承していく活動に興味のある方はお誘いあわせの上、気軽にご参加下さいとのことでした。

伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000