780年以上も続く奇祭 潮かけ祭り(三重県志摩市)

潮かけ祭りは正式には「和具の大島祭」といい、780年以上も続く奇祭です。
文献では承久3年、海の安全を守る市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)という女の神様が年に一度、旧暦の6月1日に祀られている和具の八雲神社から、2kmほど離れた無人島の大島にある祠に里帰りするということから行われるものです。ちなみにこの大島祭、古くは神様の祭りという意味で「じんじん(神々)」とも呼ばれていたそうです。
大島に上陸すると、漁師や海女さんがその朝に獲った鮑や鰹など新鮮な海の幸を奉納し、1年の海上安全と豊漁を祈願します。厳粛に神事が執り行われたあと、参列されている方たちにお神酒や鮑、サザエやカツオなどの海産物とお神酒などがふるまわれます。
そしていよいよ大島を離れ、お互いに「けがれを祓い浄める」という意味での海水の掛け合いが始まります。


潮かけ祭り 2016 (志摩町和具)
今年も志摩市大口市長に密着してしまいました(笑)



撮れたて潮かけ祭り(志摩町和具) アップします。
今年は弊社社長もヘルメットにGoProを付けて、初めてまんどう船に乗り込んで、動画撮影に挑み迫力のある映像が撮れました。



上記の写真・文=山本智加子

当社運営の地域情報伊勢志摩版でも公開させて頂きました。


















0コメント

  • 1000 / 1000