ひれ酒を酌み交わし、美味しい海の幸料理で男子4人旅を満喫! (安乗岬の宿・磯﨑)

400年の歴史を持つ安乗の人形芝居が開催された9月15日の夕刻。
大正時代より家族で営む岬の宿 磯﨑さん。



人形芝居を見るために4人グループの男性がお食事中です。



厨房では大将が生きたままの伊勢海老を造りにし、次々と夕食メニューを調理。調理台に並んだ先付の『なめろう』は禁酒して2ヶ月と16日めの私には、非常に罪深い美味しさでした(*'▽')
※なめろうとは、房総半島沿岸に伝わる郷土料理。たたきの一種。 鮮度がうま味を左右するため、調理後すぐに食するのが『粋』とされる房州の名物漁師料理である。 (Wikipediaより)
女将さんがお客様に撮影の許可を取って下さり、いざ突入!
ヒレ酒に火を入れる女将さん!



そしてサザエやバタ貝に火が通ったころ、皆さんが「せーの」でホウロクの蓋を取り、湯気が立ち込める瞬間を見せて下さいました。
家族を守るために仕事を頑張りぬいてきたお父さんたち。



たまにはこうしてゆっくり美味しいお料理で、気の合う友達とお酒を酌み交わす時間も大切ですね(*^-^*)

















天然とらふぐ(あのりふぐ)や伊勢海老、鮑(あわび)料理が食べられる伊勢志摩、安乗岬にある料理旅館
磯﨑ホームページ
http://www.isesima.net/isozaki/
(取材 山本智加子)




伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000