野口みずきさんが号砲 3、4日お伊勢さんマラソン

伊勢市出身のアテネ五輪女子マラソン金メダリストの名を冠した「野口みずき杯中日三重お伊勢さんマラソン」(伊勢市、県、三重陸上競技協会、中日新聞社などでつくる実行委主催)が三、四の両日、同市朝熊町の県営サンアリーナを発着点に開催される。初日はウオークの部に加え、今大会から新設されたバリアフリーランを実施。二日目はランニングの部があり、全国から総勢一万二千六十八人がエントリーした。

今大会も昨年と同じコースで実施。ランニングの部は、自動車専用道路「伊勢二見鳥羽ライン」を利用する。
ウオークの部は、サンアリーナ周辺の自然豊かな約六キロを歩くコースで、親子連れら三千二百三十一人がエントリー。一・七キロのバリアフリーランには、障害のある人ら五十八人が申し込んだ。
ランニングの部は、競技者を対象にした公認(競技レース)と、市民ランナーが参加する一般(市民マラソン)の両部で実施する。公認は男女のハーフマラソンをはじめ、高校男子十キロ、高校女子と中学男子の五キロ、中学女子三キロの六種目が行われ、計五百七十人が出場する。一般は男女ともハーフマラソンと五キロの四種目があり、計八千二百九人がエントリーしている。
ハーフマラソンは午前九時十分にスタート。野口みずきさんがスターターを務める。
レースのため、四日は伊勢二見鳥羽ラインが伊勢西IC-二見JCT間で、午前八時半から正午まで通行止め。伊勢神宮内宮前のおはらい町一帯などでも午前中、時間帯によって通行禁止となる。伊勢自動車道から鳥羽、志摩市方面に向かう車両は、伊勢西ICから一般道で国道42号へ迂回(うかい)する。詳細は市ホームページで。

出典 中日新聞

伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000