今が旬!! 希少な春の使者タカアシガニ!!



三重県志摩市安乗漁港では春の使者『タカアシガニ』が水揚げされています。
地元、安乗(あのり)で活魚問屋を営む丸保商店(まるやすしょうてん)の活魚水槽では魚市場で落札されたタカアシガニが嫁ぎ先を待ちわびておりました。
 
丸保商店(まるやすしょうてん)社長曰く
春の産卵期に水深50m程度の浅いところまで移動して産卵する為、その近海で漁をしているヒラメ網という網にかかるそうです。
 
またカニ類の中では古い種で生きている化石と呼ばれます。
タカアシガニは、体内に多くの水分を有しているため、蒸しガニで食べるのが一番美味しいといわれています。
茹でると身崩れを起こすので茹でるのはおススメではないそうです。
蒸し器に入らないのであれば、甲羅と脚を切り離し甲羅を2つに割ってから調理します。
地方によってはタカアシガニを焼きガニで食べられる所もあるそうです。
水分が多いため殻から身が外れやすく、焼きガニでも美味しそうですよ。
 
そのタカアシガニの気になる価格は・・・。
こちらをご覧ください>> http://anorifuguya.com/













伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000