2017年7月14日(金) 相差 鯨まつりのご案内


鳥羽・相差の鯨まつりは、観音様がくじらに乗って現れたという伝説から始まったお祭りで、豊漁感謝と航海安全を祈願する天王祭の一環だそうです。
午後からは漁港に向かって神輿をかつぎ、町内を練り歩くパレードがあり、その後ステージではマーチングや踊りの披露があります。
まつりのクライマックスは鯨が海に担ぎこまれ、海上パレードが始まります。鯨が潮を噴くシーンも見所。その後宝船が入港し福まきが行なわれます。
そして夜には花火も打ち上げられます。
【鯨石伝説(鯨の背に乗った観音様)】
鯨崎の突端の断崖の下に鯨石というのがある。奈良時代、一頭の鯨が1寸8分の黄金の観音像を背中に乗せて、泳ぎより、男が観音像を手に取ると、鯨は見る見る石になってしまったという。男の夢枕に立った観世音が青峯山に行きたいと言ったことから、観音像は正福寺に収められたと伝えられている。
お祭りの詳細はこちら
http://www.oosatsu.net/saijiki/kujira/
(投稿 山本智加子 2014.07.14 撮影)









伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000