志摩市在住の絵本作家・阪中清子さんの作品『走れ荷車』のご紹介




----------"年とったかて、まだまだへこたれへんで”



走り出した古びた荷車に、動物たちがとび乗った----------
阪中清子さん 1945年生まれ (三重県出身)
長年、大阪でご主人の阪中英雄さんと飲食店を経営しておられましたが、20年前に志摩市へ移住し、英雄さんは≪赤木場窯≫で陶芸、清子さんは絵本。ご夫婦で作品作りをしながら田舎ぐらしを楽しんでおられます。
『走れ荷車』は実際に家の中にあるものを題材に、
「大きな木があったらな ちょぼっと休ませてもらったりしてなあ」清子さんの経験もほんの少しのぞかせながら、年齢を重ね、頑張り続けてこられた阪中さんだからこその柔らかいメッセージが描かれた絵本です。
前もってご連絡いただくと作品を見せて頂けますので興味のある方は、下記の連絡先へお問い合わせ下さい。


  
・赤木場窯(あかこばがま)
   阪中英雄(090-2705-5724)
・走れ荷車 (出版 文芸社 定価1,200円+税)
    阪中清子(090-5167-1485)


   
赤木場の杜 







三重県志摩市磯部町山田赤木場781-2
(取材 山本智加子)










伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000