南勢桜山温泉ってご存知ですか?



三重県南伊勢町の民宿釣船海晴さんは24時間天然温泉が楽しめる宿です。
館主の浜川さんは民宿の料理人兼釣り船の船頭さんと一人で二人三脚、毎日ハードな日々。
 
今回ホームページリニューアルに伴い15年前に一度連れて行ってもらった「南勢桜山温泉の源泉」に再度15年ぶりに連れて行っていただきました。
場所は志摩市から県道16号線で南伊勢町へ向かう途中に『ここから南伊勢町ですよ的』な看板のある所を左折して桜山という山の上へ登っていきます。
 
バブル前にリゾート開発で開拓され、何故かその後、業者が撤退してデコボコ道と温泉だけが残された桜山。
 
桜の季節には山全体が桜で満開になるので桜山と言われるようです。
その桜山の入り口には鍵がかけられており「南勢桜山温泉」を使用する業者だけが鍵を開けられるようになっております。
ほぼ山頂まではデコボコ道でしかもそれはただ事ではない道です。
車中は縦揺れ、横揺れ、斜めに揺れたり、じっくりと座っていられないほどの揺れ。
その過酷なな道を約15分ほど走ると源泉に到着します、ここで温泉を積載して帰ることを考えるとさらに過酷な事だと痛感しました。
 
民宿釣船海晴の浜川さんは過去に2回、このデコボコ道で車を廃車するまでの事態に逢ったそうです。
それだけ1トン近い温泉を軽トラに積んで過酷なデコボコ道をまた戻るから軽トラも悲鳴を上げているのです。
浜川さんは、この過酷なデコボコ道をなんと週に4回も通い温泉を運んでいます。
 
あっ晴れです。本当に貴重な温泉です。
おおぉぉ~南勢桜山温泉・・。
 
また、浜川さんの亡きお父さんのころに源泉から少し山上の方に『阿弥陀如来像』が鎮座されています。
ここからの眺めは南伊勢町神津佐を見下ろしており。浜川さん曰く『神津佐を見守っている』ようでした。
『阿弥陀如来』の周りも年に定期的に浜川さんが草刈りをして大切にされているそうです。
 
天然温泉の桜山温泉まで運んでひとりで三人四脚!!
 
頑張れ民宿釣船海晴・浜川さん!!
 
 
民宿釣船海晴(かいせい)
三重県度会郡南伊勢町神津佐518-3
TEL 0599-66-0372
http://www.isesima.net/kaiseimaru/
 
(投稿・山本泰久)

伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000