太陽光パネルの猛毒成分及び日本全国の太陽光発電所(メガソーラー)ランキング

日本全国の太陽光発電所(メガソーラー)ランキング

http://agora.ex.nii.ac.jp/earthquake/201103-eastjapan/energy/electrical-japan/type/8.html.ja



*****ここから引用文を載せさせていただきます。

『太陽光パネル』の寿命は10年~15年で、ものすごい猛毒を含んだ製品だということを知らない方が多いですよね・・・。

『太陽光パネル』を処分する際、ガリウムヒ素のヒ素が問題になったので、最近は、シリコン系のモノに置き換わっているようですが、実はシリコンも毒です。

今、この廃棄が問題になっていて、『太陽光パネル』は大量に猛毒を含んだ『産業廃棄物』になると言われています。

【 太陽光発電の危険性について 】 ← https://m.facebook.com/notes/taishi-nakamura/-太陽光発電の危険性について-/575813419159958

それ以外にも、旧式の物にはカドミウムが含まれています。

小・中の社会で習ったので、多くの皆さんがご存じと思うですが、カドミウムは、『イタイイタイ病』の、原因物質ですよね。

太陽光パネルは、耐用年数が過ぎるとこの様に、恐ろしい毒性を含んだ産業廃棄物になると云う事を、マスコミはほとんど公表しません。

それは、いったい何故なのでしょう?

この恐ろしい産業廃棄物へと変貌する「太陽光パネル」を、皆さんは、各市町村から助成金を受けて、屋根に取り付けたという方も多いでしょう。

しかし数年後、これが古くなったら、皆さんは、どう処理をされるおつもりでしょうか?

『そんなの処理業者がやることだから、取り付けた俺には、関係ない!』

そうでしょうか?

もしもそんな事を言う人が居たら、それは余りにも、無責任ではないでしょうか?

取り付けられた方々は、廃棄業者が、どのように毒性部分を処理し廃棄するのかを、確実に必ず確認してくださいね。

それが取り付けた方々の、今後の義務ですよ!

下手に捨てれば、その結果・・・

土壌は汚染され、やがて水質が悪くなり、日本の名水までも汚れきり水が飲めなくなるんですよ。

農作物も、作れなくなるんですよ!

日本は、瑞穂の国。

美しい水の国なのです。

その美しい水が、

太陽光パネルが増えるほど、

危険にさらされると云う事を、

どうかこれを機に、知っていただきたいです。

このままいけば、日本は原発廃棄物より、ある意味、猛毒といわれる太陽光関連産業廃棄物で住めない列島になるかもしれません。

*****ここまで引用させていただきました。




伊勢乃志摩男's Ownd

三重県の伊勢志摩からイベント観光情報やトピックス情報、宿泊情報、飲食店情報など満載!旬の伊勢志摩情報を発信中!!

0コメント

  • 1000 / 1000